インド大陸の伝統医学「アーユルヴェーダ」とは

アーユルヴェーダとは

・約3000年前に南インドで体系化されたWHOも認める伝統医学
・病気の治療だけではなく、健康維持や病気予防、日々の心構えなども含まれている
・自己治癒力を高め、病気にならないための健康な体を作る積極的予防医学
・西洋医学で治せない病を治すこともあるため、特にドイツでは代替医療として注目されている
・生命を意味するサンスクリット語の「アーユス」と知識、学を意味する「ヴェーダ」の複合語
・過去には世界各地に伝播し、現在の西洋医学にも大きな影響を与えている
・お釈迦様も精通していた
・スリランカでは日本の国交省や厚労省のようにアーユルヴェーダ省があるほど、国の知的財産として認められている

ドーシャとは


アーユルヴェーダでは、自己治癒力を高め、健康的な体を手に入れる為に、それぞれの体質にあった施術や食生活などが医者から与えられます。その際に患者の体質を判断する必要があり、その判断材料が「ヴァータ(風)」「ピッタ(火)」「カパ(水)」の三つからなる「ドーシャ」と呼ばれる体の中のエネルギーです。心身の疲れや季節の変わり目による体調の変化等、個人の体の変化はこのドーシャの働きがあるとされています。
これらの「ドーシャ」がバランスの取れている状態を「健康」とし、そのバランスが崩れると健康を損なう状態になると考えます。
各々のドーシャのバランスが保たれた状態において、身体としての構造が適切で、新陳代謝も適当に行われ、体内の循環も活性化され、その状態を身体が健康であるとしています。

人間は生まれた時から3つのドーシャの組み合わせによる、10の体質に分ける事ができると考えられています。このドーシャを参考に、それぞれの体質にあった施術を行います。

このドーシャをドーシャチェック表で判断することもできます。
設問に答えると、的確にこのドーシャとは判断できないですが、なんとなく自分がこのドーシャなんだと言う事がわかります。
現地スリランカのドクターはたった1分ぐらいの”脈診”だけで、患者のドーシャを判断するのです!
脈診の診察では、その他にも患者が今どういう持病を抱えているか、どういう精神状態か、どんな過去のトラウマがあるのかなど、色々なことがわかるのです。すごい・・・。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

EDITOR TEAM

ballooooooooooon!の編集チームです!ライターは随時募集中ですので、もしご興味ある方は(ballooooooooooon@gmail.com)までメールをお送りくださいませ。