陰陽学説と二十四節気

陰陽学説は中国古代哲学の基礎概念です。自然界の変化と規則の観察から生まれた考え方で、自然界のすべてを陰と陽に分けます。中医学の人体や病気の考え方に取り入れられています。
昔、人は五感を頼りに自然界を体験し、太陽・月・星の運行と変化の規則性を観察して、年・月・日の歴や二十四節気を作りました。その延長線上に、陰陽という中国古代哲学の基本概念が生まれたのです。

自然界の陰陽

「陽」は太陽のようなイメージです。例えば日の当たる山の南側や昼、春などです。ここでいう昼は、明るく温かい、はっきりしているという意味です。「陰」は月のようなイメージです。例えば日の当たらない蔭の部分や夜、秋などです。ここでいう夜は、暗い。寒い、濁っているという意味です。このように、自然界は陰と陽に分けられます。

陰陽学説の基本内容

陰陽学説では、自然界のすべてを、対立制約、互根互用、消長平衡、相互転化という4つの概念で説明しています。

・陰陽の対立制約
陰陽学説では自然界のすべての物事は相互と対立の両面性があると考えています。それが対立制約です。すべての物事は、月と日のように陰陽に対立しながらも統一され、常に動きながらバランスを保っています。この陰陽のバランスがとれた状態を、陰平陽秘といいます。

・陰陽の互根互用(依存)
天空がなければ大地も存在しません。男がいれば女もいるから人類は繁栄するのです。このように陰陽は互いに存在し依存しあっています。このような関係を互根互用といい、陰陽な互いに助け合わなければ存在できないと考えます。

・陰陽の消長平衡(消長)
例えば一日の陰陽の変化見ると、朝、日が昇るにつれて陽は成長し、夕方になると日が沈んで陽は消失し陰が強くなります。一日の陰陽の消長により昼と夜が分けられ、新たな循環が始まります。このように陰と陽はいつも変動しています。これを消長平衡といいます。

・陰陽の相互転化(転化)
転化とは、ほかの状態、ほかのものに変化することです。陰陽の、陰と陽の量が増減し、この変化が連続的に生じると本質的な変化が生まれます。これが転化です。例えば、夜明けから昼にかけてを「陰消陽長」、夕方から夜にかけてを「陽消陰長」といいます。
陽に属する昼から陰に属する夜に変るのが転化です。夜明けと夕方は、「転化の境目」に当たります。


ここまで診てきたように、陰陽学説では自然界のすべてを陰陽に分けます。中医学でも、体質や病気の症状などを示すときにこの概念を用います。例えば体が冷え、顔が青く、息切れがする症状を示すのが陰証です。熱があり、顔が赤く、汗をかき、のどが渇くといった症状をしめすのが陽証です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

EDITOR TEAM

ballooooooooooon!の編集チームです!ライターは随時募集中ですので、もしご興味ある方は(ballooooooooooon@gmail.com)までメールをお送りくださいませ。