日本の水道水は浄水器で比較的安全に飲めるようになる

世界の中でも水道水から直接水が飲める数少ない国の一つである日本。水道水が直接飲める理由にはそれ相応の理由があり、殺菌や除菌のために多くの塩素が含まれている。塩素により清潔な水が保たれるようになり感染症等の病気は激減していったが、代わってアトピー等のいくつかの現代病を発祥する原因にもなっているようだ。
浄水器は効果が一定数あるようで、市販のペットボトルに比べれば、水道水+浄水器の方がカラダに取ってより良い水を飲むことが出来る。

どの浄水器を購入するかで迷うのであれば、コチラがオススメのようだ。

浄水器について日本の水道は塩素消毒されており、それにより感染症のリスクは激減しましたがかわりに新たな病気の源となりました。日本は世界でも一番を争う塩素大国です。それが現代病でありアレルギーなどであ り動脈硬化性疾患を生み出しました。アメ…

Satoru Utsumiさんの投稿 2016年3月8日


画像:nubobo



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

EDITOR TEAM

ballooooooooooon!の編集チームです!ライターは随時募集中ですので、もしご興味ある方は(ballooooooooooon@gmail.com)までメールをお送りくださいませ。