ミンダナオ島の家庭料理「キニラウ」〜フィリピンの新鮮な魚のマリネ〜

フィリピンの第二の都市でもあるダバオという町のあるミンダナオ島でよく食べられている「キニラウ」という家庭料理です。

生のマグロをぶつ切りにしたものにタマネギやキュウリ、大根などの野菜を切り刻んだものを酢であえた料理です。ショウガやニンニク、唐辛子を加える事で刺激的な味となり、ご飯のおかずにもビールなどのつまみにも合う料理でもあります。

ダバオはフィリピンの中でも海産物が豊富で、キニラウをフィリピンで食べるとなると、首都のマニラなどではなかなかおいしいキニラウを食べる事が難しいのです。ダバオでは一般的なレストランにもよく置いてありますし、大きなショッピングモールのフードコートなどでも置いてあるので、気軽にどこでも食べることができます。

ミンダナオ島の家庭料理でもあるので、よく友人の家に遊びに行くとキニラウが用意されています。生魚を食べる習慣のある日本人にとってはとても食べやすく、醤油で食べるマグロとはまた違ったおいしい食べ方に出会う事ができます。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

EDITOR TEAM

ballooooooooooon!の編集チームです!ライターは随時募集中ですので、もしご興味ある方は(ballooooooooooon@gmail.com)までメールをお送りくださいませ。