お祝い事にはかかせないフィリピン伝統料理「レチョン」

フィリピンで誕生日などの大きなお祝い事やパーティーに欠かせない食べ物に「レチョン」というフィリピン伝統料理でもある豚の丸焼きがあります。炭火でじっくり焼いた豚がそのままの姿で丸焼きになって出てくる料理で、テーブルの真ん中にドンと乗ったその丸焼きの豚を、長い包丁などで部位ををカットしていきます。一匹注文すると、細長いダンボールに入れられた丸焼きの豚が届きます。
町中ではレチョン屋さんがあり、ショーケースの中に入れられた丸焼きの豚をカットした切り身を販売しています。最初は見た目が豚そのままなので、かなりの驚きと少し抵抗があると思います。特にフィリピンの町中を歩いているとよく見かける光景の一つに、裏っかえしになった数匹の豚たちが「ブーブー」と言いながらトラックに乗せられ、どこかへ運ばれていくといった場面があります。この豚たちがレチョンになるんだよと、現地の友人が教えてくれました。
約7000の島からなる様々な文化を持つフィリピンですが、どこの地域を訪れても目にすることのできる料理です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

EDITOR TEAM

ballooooooooooon!の編集チームです!ライターは随時募集中ですので、もしご興味ある方は(ballooooooooooon@gmail.com)までメールをお送りくださいませ。