世界一のアルパカニットを作る兄弟 THE INOUE BROTHERS

出典:http://jp.vice.com/lifestyle/the-inoue-brothers

デンマーク出身の日本人兄弟が手がけるアルパカウールブランド”THE INOUE BROTHERS”。幼少期にデンマークで過ごしその時に受けた差別や偏見、その時代黒人ながら力強いメッセージで近代アートのトップに上り詰めたバスキアに影響を受けデザイナーとして社会に出る。徐々に大きなクライアントの案件を受ける中で、より商業的なデザインを求められていくことに違和感を感じ、自分たちの表現とソーシャルデザインという思想に触れ、デザインの力で社会貢献をする姿勢を掲げ、兄弟でザ・イノウエブラザーズというデザインスタジオを始めた。
それから縁あって南米でアルパカとアンデスの人々と出会い、彼らの思いと自分たちの思いをリンクさせ、世界一のアルパカファッションを作り上げていく。

日本のファッション文化も、いま世界で一番面白くクリエイティブだと感じていますし、日本の生産技術は世界一だと思います。一方で、残念ながら日本製のモノがドンドン減ってきています。ひとつ思うことがあるとすれば、日本のファッションはスピードが早すぎるのではないか、ということです。ハイペースで常に新しいモノを生み出し続けることで、良い物に時間をかけて作ることができなくなっている感じがします。モノを作る量と買う回数を少し減らす代わりに、少しでも良質なモノにお金をかけ、それを、もうちょっと、じっくり味わうという発想の方向に価値観をシフトしていくことができたら、日本での生産も甦るのではないでしょうか。日本ブランドの多くは、こだわりと発想力の水準が世界的に見てもすごく高いと思うので、もっと世界に広がって欲しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

EDITOR TEAM

ballooooooooooon!の編集チームです!ライターは随時募集中ですので、もしご興味ある方は(ballooooooooooon@gmail.com)までメールをお送りくださいませ。